> 

ノニは「医者いらず」の熱帯有用植物 

ノニはインドネシア原産の伝承医薬品

ノニヤエヤマアオキMorinda citrifolia)は、アカネ科ヤエヤマアオキ属の常緑小高木。
「桑の実に似たかんきつ類様の葉を持った植物」ということから学名がつけられています。
日本名はヤエヤマ諸島のアオキで見つかったからといわれています。

博物学者 H.N.Ridleyによると、ノニはインドネシアのモルツカ諸島(現マルク諸島)が原産地であり、約1000~3000年前に「幻の海洋民族ラピタ人」によりポリネシア地域に拡散していったのです。
ハワイにはせいぜい1500年前に渡ったようです。

インドネシア世界遺産ボドブドォール仏教寺院 インドネシア世界遺産ボドブドォール仏教寺院内のレリーフ
インドネシア世界遺産ボドブドォール仏教寺院 健康食品ジャムゥで疲れた人々をもてなす
ボドブドォール仏教寺院内のレリーフ

インドネシアでは、大きな果実Mengkudu Besar(メンクド・ベサール)と呼ばれ、イギリス人はインドネシアのノニ果実の素晴らしさにGreat Morinda(偉大なるノニ果実)と呼び絶賛しました。

ノニ(メンクド・ベサール)の果実 ノニ(メンクド・ベサール)の果実と花


インドネシアでは標高1000m以下の暖かい地域で生育し、熱帯環境では一年を通じてノニ果実が収穫できる、非常に珍しい果実です。
現インドネシア人は、6000年前に中国南部よりインドネシアに移住してから、連綿と現在に至るまで医薬品や食品として使用し、インドネシアの伝承医薬品ジャムゥの重要な素材となっています。
非常に重要な熱帯薬用植物であり、そして「医者いらず」の果実であることから、ノニジュースはインドネシア政府の認定管理する医薬品(日本の特定保健食品の位置づけ)とされています。
未熟なノニ果実は緑色ですが成熟するにして黄色となり、独特の匂い(カプリン酸を主とする中鎖脂肪酸)を発しますが、この成熟果実が最も栄養価値があります。

ノニはインドネシアでは常備薬

食品として、健康食品として、更に伝承医薬品としてノニは重要であるため、インドネシアの各家では少なくとも1本のノニの樹を植え、健康、医療に使用しています。
自然の常備薬というところでしょうか。

庭のノニの木とバリ島の家族
庭にノニの木を2本植え、
高血圧やリウマチ治療にノニを利用するバリ島の家族

インドネシアの熱帯薬用植物の書籍には、ノニ単独および他の薬用植物を加えた処方が30以上も収載され、多くの効能効果が謳われています。
ノニ科学読本4を参照
伝承医薬品発祥の地、インドネシアの古都ジョグジャカルタは、ジャムゥ・ゲドンという健康食品・医薬品を売る女性の本拠地となっています。
祖母から母へ、母から娘にジャムゥ処方の秘伝が伝えられ、ジャムゥ・ゲドンはジャワ島の大都市でも朝夕ジャムゥ・ゲドンの姿を見ることができます。
ジャムゥ処方にノニが使用され、市民は朝あるいは夕方にノニ入りジャムゥを飲み健康維持・増進に用いています。

ジャムゥを売るジャムゥ・ゲドン クスリウコンを加えたノニジュースを飲むご婦人
自分で製造したジャム素材を担ぎ、
ジャムゥを売るジャムゥ・ゲドン
ノニジュースにクスリウコンを加えた
ノニジュースを飲むご婦人

ノニの栄養・機能性

ノニ果実に含まれる良質な成分

ノニ果実は飢餓時の非常食として使用されたほどの栄養と機能性を持った果実です。
成熟ノニ果実の機能成分としてクマリン類のスコポレチン、イリドイド成分、ノニ特有の中鎖脂肪酸、水溶性食物繊維のペクチン、豊富なビタミンとミネラルが特徴です。
ゼロニン、プロゼロニン、ゼロニダーゼ酵素や架空の物質であり、ダムナカンタールは根の成分です。
ノニ果実にはこれら物質は入っていません。

スコポレチン
ノニに非常に特異な物質です。血液が固まらないようにして、栄養物質が全身に行き渡るように血液の流れを良くします。
腸管のEC細胞を刺激してアミノ酸のトリプトファンから、セロトニンの産生を促し、セロトニンに基づく様々な生理作用(腸管の動きを良くする、精神をリラックスさせる、血液の流動性をよくするなど)を発揮します。
インドネシアの成熟果実新鮮搾汁には、多くのスコポレチンが確認されています。

イリドイド物質
イリドイド物質にも多くの生理作用があり、日本でもイリドイドを主成分とする大和地方の行者がアオキの葉から作った丸剤は万能薬の陀羅尼助(ダラニスケ)として有名です。

スコポレチンもイリドイドもインドネシア産のノニ搾汁に最も多く含まれています。
その他の地域のノニとは大きな差が報告されています。
こちらを参照

中鎖脂肪酸
中鎖脂肪酸は炭素が6~12個からなる、脂肪の組成成分。
母乳など乳製品に多く含まれている、赤ちゃんの必須栄養成分です。
成熟ノニ果実の特異な匂いはこの中鎖脂肪酸によるもので、特にカプリル酸が多く含まれています。ノニ果実は「母なる果実」と呼ばれる所以です。

ペクチン
ノニジュースの濁った澱の主成分は食物繊維で、その多くは水溶性の食物繊維ペクチンです。
ペクチンは大腸の善玉菌の餌になり、腸の栄養物質です。善玉菌がペクチンから作りだす酪酸も大腸に良い結果をもたらすことが知られています。
濁っていないジュースは、ペクチンが含まれていないでしょう。

ビタミン
成熟ノニ果実の搾汁には、各種のビタミンが多く含まれています。
特にビタミンCは180㎎/100g非常に多く、温州ミカンの4~5倍の含量です。
天然の栄養機能食品です(ビタミンCの1日必要量は100㎎)です。
ビタミンAのもとになるプロビタミンA(β‐クリプトキサンチンなどのカロテノイド)は含まれませんので、緑黄色野菜や他の果実から摂取する必要があります。
不規則で、ストレスの多い現代社会では、ノニと同時にブアメラ500VEを摂取することをお奨めします。

ブアメラ500VE

ノニの利用方法

【ノニの果実】

ノニの原産国インドネシアでは、果実は滋養強壮のための食用、健康状態が悪い時の医薬品の代用に現在でも使用されています。
ジャワ島では野菜サラダに加えます。
黄色く成熟した果実をジュースにして、パームシュガー、塩、酢、ニンジンやショウガなどを加えて飲みやすくします。
スマトラのバンガ島では石鹸として生活に役立てたようです。
ノニジュースが30%も含有される高級ノニ石鹸は日本で開発されました。

ノニ石鹸


【ノニの葉】

インドネシアでは、代表的な食事ナシゴレン(焼き飯)にノニの葉を加え、タイではトムヤンクー・スープに入れて食べるようです。長生きの秘訣といわれています。
日本のM&Kラボラトリーズがインドネシア政府と奥州平泉にあるお茶の老舗、精茶百年本舗の協力で、世界で初めて本格的な健康茶として開発しました。

ノニハーバルティー

ジャワノニ茶葉 



【ノニの幹皮と根】

若いノニの根は、インドネシアでは伝統芸術バティックの染色材料として使用されました。
非常に美しい桃色、赤黄色、赤褐色赤や黄金色に染め上げることができます。
18世紀後半にはヨーロッパに染色剤として輸出されたようです。

ノニの根、染料用 ノニの根を用いた4種類の染色
ノニの根、染料用 ノニの根を用いて4種類の染色が楽しめます

ノニの根や幹皮は、どの国でも食料として利用されたことはありません。
染色物質のアントラキノン類は食用には向いていません。

ノニジュースの種類

日本で販売されているノニジュースは、大きく分けて2種類あります。

◎新鮮搾汁 ノニジュース

ノニの原産国であり6000年の経験のあるインドネシアのノニジュースは、搾汁(さくじゅう)です。
いつでも、どこでも収穫できる黄色く成熟したノニ果実を搾ってジュースにします。
そして、新鮮なうちに飲用するのです。
新鮮なノニジュースの色は、乳黄色、ノニ果実本来のフルーティな味がします。
インドネシアでは、決して青い未熟な果実は利用しません。古いノニジュースを飲む習慣もありません。
6000年の経験と知恵といえます。
米寿堂のノニジュースは、成熟した果実を最新式の搾汁機で搾った100%新鮮な搾汁です。
水一滴も一切の添加物も加えない、純粋な果汁です。
もちろん、インドネシアで瓶詰をしていますから栄養成分もそのまま残り、ビオ(有機)の味、フルーティな味をお楽しみいただけます。
恐らく、100%新鮮搾汁を初めて飲まれたら、他のノニジュースとの違いに驚かれるでしょう。

有機ノニまるごと搾り


「有機ノニまるごと搾り」は、日本、アメリカ、欧州連合(EU)の有機認定を取得した商品です。
アメリカの航空宇宙局(NASA)の食品製造基準である「HACCPシステム」に則り製造し、唯一のノニ研究機関である「東京ノニ研究所」の厳しい基準に合格した、東京ノニ研究所推奨品です。

有機認定マーク


◎腐敗ジュース

太平洋諸島では、多くのノニの果実を集めることは困難です。また、ノニ果実の利用経験がほとんどありません。
青い未熟な果実も集めて、容器に長期間放置し出てくる汁を集めたものです。
青い未熟な果実と長期間放置による参加のため、色は黒くなりノニ果実の味はなくなってしまいます。
発酵ジュースといわれていますが、ノニジュースは強い抗菌作用があり、アルコール発酵や乳酸発酵はしません。
雑菌や酵母のため、アルコールが増えることがありますが、清涼飲料水として販売できません。




健康にはフルーティな味、香りの成熟果実の新鮮搾汁

有機ノニまるごと搾り

成熟ノニ果実1個はノニジュース30~50ml

成熟ノニ果実を最新鋭の搾汁機で搾った場合、果実1個から30~50mlの搾汁が得られます。
インドネシアの人々は、健康維持のために1日に果実1個が目安です(30~50ml)。
しかし、体調が思わしくない時には1日に果実2個を食べるようです(60~100ml)。

有機ノニまるごと搾り

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0 点

合計:0 円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • ノニってなに?
  • ブアメラってなに?
  • EVCOイヴコってなに?
  • EVCOイヴコレシピ特集
  • ブアメラ体験者の声
  • 医学博士西垣敏明プロフィール
  • 当サイトについて
  • お支払い/送料/配送・返品について
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

▼米寿堂休日カレンダー

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※オレンジ…当社定休日

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?

米寿堂ではお客様のプライバシー保護のためSSL暗号化通信を導入しています。ご安心してお買物をお楽しみください。
個人情報について

有機ノニまるごと搾りの動画

バリノニ石鹸の動画

ブアメラの動画


このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

PAGE
TOP

Copyright© BEIGEDO 米寿堂 All rights reserved.